泣いて笑ってよ一等星

僕の歌を笑わないで (twitter @tktknhs )

大倉くんとメンバーさん。

 

こちらの質問箱(

質問が届いています)の答えです。めちゃくちゃ長くなりそうだったのでブログでお答えします。占いみたいな文面だけど占い師じゃないので安心してくださいね。気の籠ったスカーフとか売りませんからね。

 

さて、大倉くんと各メンバーの関係性についての質問にお答えいたします。

 

よこくら : お兄ちゃんぶりたい(というか根っからの兄貴気質な)横山さんと、男兄弟の長男で本当はゴリッゴリの兄貴なのに弟役に徹する大倉くん。個人的に大倉くんは三馬鹿の中なら村上さんから一番色々と学んでいる感じがするので村上さんと同じく"この人はこの人自身がどの立場にいるのが心地いいのか"というのを見分ける力に長けていると思います。それが顕著に出ているのが対横山さんの時なのかなとか。横山さんが好き勝手してるように見えて割と大倉くんが許容している感じがします。

 

すばくら : この2人は主に笑いに関しての感性が同じなので、一緒にいて心地いいのではないかなと思います。面白いことをした時笑ってもらえる、というのは面白いことをした本人にとって1番の肯定です。お互いに肯定しあえるいい関係な2人なのかなあとか。あと長男大倉くんと次男すばるさんな2人ですから、グループで上から2番目でどうしてもお兄ちゃんしなくちゃいけないすばるさんにとっても、グループで1番下だから弟をしなくちゃいけない大倉くんにとってもウィンウィンなのでは。

 

ただよしんご : この2人については以前ブログにまとめさせていただいたのでこちらをご覧ください!(丸投げ)

tktknhs.hatenablog.com

 すばくらが感性で引きあうならただよしんごは技術で語り合える2人ではないでしょうか。いつか技術で殴り合ってほしい。私はそれが見たい。

 

まるくら : 超個人的、今一番キテるコンビのまるくらちゃん。お互いを弟だと思ってたりする可愛い2人。男同士の戯れ(いわゆるホモ営業)に関して否定的な大倉くんが唇を許した丸山さんってすごくないですか…?恐らくですが大倉くんの中で「ホモ営業を食い物にされるのは自分にとっては"美味しくない"」という気持ちがずっとあったのだと思いますが、クロニクルなどでまるくらの小競り合いがパッと広まった事で「マルとの戯れならこれは自分にとって"美味しい"」に昇格したのではないでしょうか。クロニクルが始まって「まるくら」のやり方が確立した今だからこそのあの二人なのかなとか。この二人、指さしでお互いがお互いを最高の悪役だと思ってるのもたまらんですよね。そんな悪役のことを「真面目で繊細で寂しがり屋」と称する大倉くんの計り擦れないマウンティング力にも陥落してしまいます。好き。(熱量よ)

 

やすくら : 以前まで男同士の戯れといえばこの二人みたいなところありましたよね。一時期のことを思うと落ち着いたけれど。これは安田くんへのそういういじりがなくなってきたのが理由かと思います。大倉くんは自分の中でおいしいかおいしくないかの美学を持ってはいますが村上さんから技術を学んでいるところもあるので基本的に笑いにおいては引き立て役です。安田くんへのそういういじりがあったからこそのやすくらだったのかなあ、とか。でもこの二人も割と感性での引き合わせだと思ってます。二人で作詞した曲の世界観全部優しいじゃん...好きなんだけど…(?)

 

くらりょ : 「横山くんは兄貴っぽくいつも上からくるから"黙れコラァ!"って言いたい!」という根っからの弟気質が隠し切れない理由を付けて横山さんを弟にしたいと言った亮ちゃんにとって唯一兄貴感を出せるのが大倉くん。なのですが、ですが、亮ちゃん根っからの弟だから兄貴ぶるのが本当下手くそ...。なんとなくぎくしゃくして見えちゃうのはそこが要因かなと思います。大倉くんはお兄ちゃんなのでその辺理解して亮ちゃんと接して弟感出してくれるけどでも抑えきれない兄貴みが溢れて亮ちゃんがたじたじになっちゃうところをよく見る気がします。あとシンプルに顔が良い2人。

 

以上です!最後の方コンビ紹介みたいになってしまいましたがご質問があればまた質問箱に投げてください~!ありがとうございました。